会の沿革

1964年(昭和39年)、十代から六十代の老若男女(漫画家

志望や、その卵、三度のメシより似顔絵を描くのが好き、という

同好の士など)十数名で結成。

 

顔を整形するのに、医師は注射器やメスを持つ。

 

どんな個性的な顔でも、似顔絵にすれば確実に美人になる。若く

なる。似顔絵とは美しく整形させて、なおかつ現物(?)によく

似ている絵。

 

基本は、顔の特徴の省略と誇張。

 

たとえば、髪の薄い人を描くとき、デフォルメして、よりハゲ頭に描けば似る。

だが似顔絵としては、いただけない。

乏しい髪の毛を実際よりややフサフサで黒々と、目じりや額の4本あるシワを

3本にしてこそ真価がある。

 

顔面の短所を省き、長所を生かして似せる技術・・・・。

これがグループ誕生以来の一貫した研究課題。

 

 

代表:モロズミ勝